エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 【daily】

久しぶりのブログ。というのも10月末は久しぶりに風邪で臥せっていたのでした。
なんだかんだ2、3週間ずっと回復しなくて参りました。

さて、先日、練馬区立美術館へ「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」を見てきました。
ゴーリー、名前は知ってるけれどくらいの知識でした。

フライヤーがカッコよかったのもあって行ったのですが、結果、すごかったです。
ハガキくらいのサイズに、細いつけペンで緻密に描かれています。
どれも完成度が高いし、タイポグラフィも美しい。
ハッチングのトーンがまた素晴らしく描けているのですが、
これは絵を描く人間すると大変じゃないかなと思う訳です。
ただ作家のコメントなど読むと淡々とやってますよって感じで、天才ですね。

ゴーリーの素晴らしさは絵だけじゃなくて、テキストにもあります。
ハーバード大学でフランス文学を専攻、イギリス古典文学、それからバレエにも造詣が深いそうです。
ストーリーに絡めて韻を踏んだりと、いろいろと知的で優雅な遊びが取り入れられているようですが、
それほど学がないのでその辺は話せません。

全体的には、暗くシュールで不思議な世界観。
インスパイアされたとされてるトーベ・ヤンソンやティム・ バートンに共通する印象もあります。
ストーリーは、希望に満ちたものはなく、そこはかとなく絶望的な展開。
それでも、なぜか見てられるのは絵と文と合わさったまさしく魅力なんでしょう。

「人生におけるわたしの使命は人をできるだけ不安にさせることなんですよ。
人はみんなできるだけ不安になるべきだと思うんです。世界というのは不安なものだから。」

これが皮肉なのか真実なのかよくわからないのですが、印象に残った作家の言葉です。
ちなみに、ゴーリーは猫好き。

みんなのレオ・レオーニ展 【daily】

『みんなのレオ・レオーニ展』を見てきました。
以前もBunkamuraで同じような展示を見てるのですが、
今回は、絵本『スイミー』の幻の原画が
展示されるというので行ってきました。

その原画5点は、絵本で使われているものとは別ものですが、
注意して見ても分からないくらい、素晴らしい仕上がりです。

なぜこれが制作されたのか、まったく謎で、
僕が思うには、今回展示されてるのは、最初に仕上げたもので、
その後、もう一度制作したものを原画として使用したという印象です。
昔は、紛失というのは結構あったのでしょう。僕も一度だけあります。
いずれにしても、本当の原画も出てきてほしいものです。

絵本に合わせて、コラージュ、水彩、油彩、鉛筆など
様々な技法を使いこなしているところも魅力的です。

今回、レオーニのアシスタントの方が、コラージュ素材の作り方を
再現していましたが、とても参考になりました。
ガラス板かアクリル板に水彩を塗り、
それを紙に転写して素材を作るというものです。
筆よりも偶然性の高い塗りムラが出来て、面白い仕上がりになります。

自然の偶然からヒントを得て、創造性を高めていくというのは、
レオーニ作品全体に感じとれることでもあります。

レオーニは、ピカソやデ・キリコの作品が飾ってあるような
美術素養の高い家に生まれ、オランダ、イタリア、スイス、アメリカ
などで、他言語を使いこなして学び、グローバルに仕事をしたという
美術エリートですが、作品自体はとても親しみがあります。

ただ、それくらい出来ると才能や生い立ちから
周囲との違和感を感じることもあったのでしょうか、
自分の存在をポジティブに捉えた自己認識のお話が多いです。

「チコときんいろのつばさ」という絵本は、
黄金の翼を授かった鳥チコが、妬みから仲間はずれになりますが、
その黄金の羽を用いて人助けしているうちに、みなと同じ黒い翼になり、
仲間に迎えられるというストーリーです。
このお話などは、作者自身のことかなと思ったりもしました。

レオーニは、1999年イタリアのトスカーナで亡くなります。
晩年のインタビュー映像では、いくつになっても創作を楽しんでる感じが
伝ってきて、その辺りもとても憧れるところでした。

情報過多 【daily】

暑い日もあと少しみたいです。

それにしても、毎日いろんなニュースが流れてきますね。
全部追いかけてたら疲れます。読まなきゃいいんですけど、
いい歳して知らないってことに対する恐れですかね。
気がつくと結構な時間使ってます。

webの記事でもyoutubeでも、あとで読むとか、あとで見るとか、
なるべくそういう機能使わないようにしてるのですが、
それでも知らないうちに結構たまっています。

ちょっと前に読んだ記事で、これからの社会は、
流しそうめん的に、情報が流れくるから、役に立たないと思ったら、
途中でもすぐ読むのをやめること。ってあって、
その時は、ずいぶん極端な意見と思ったけど、
最近は、そうしようって気もしてます。

よく、がらんとした部屋でポツンと
本読んでるような写真あるじゃないですか。
情報もモノも整理して、一度あそこまでいってみたいと思います。

思い起こせば、上京してきた時って、だいたいそんなものだったかも。
画材も本も、いろいろ買ったけど、少しは絵は上手くなったかな。

香港 【daily】

かなり前ですが、香港に行ったことがあります。
前半はツアーで後半は少し追加して4泊5日の旅でした。

まぁ、ツアーの方はお土産屋さんに連れていかれたりして、
うんざりな場面もあったのですが、
後半はぶらぶら歩いたり路面電車に乗ったりと楽しめました。

九龍城の跡に行くと、すごくきれいな公園になっていて
子供たちが卓球したり、サイクリングしたりしてました。

食べ物は、地元の人が行くようなところが多かったのですが、
はずれはなかったですね。
よく食べた空芯菜という野菜の名を香港で覚えました。
ただどの店も、料理が出てくるのも早いけど下げるのも早い。
香港映画のテンポは本当なんだなと感じた記憶があります。

深センから中国に入れるので行ってみようと地元に人に聞くと、
なぜだかみんな行かない方がいいと言う。
香港でお金を使って欲しいということかなと思い諦めました。

自分たちが行ったのは、15年くらい前なので、
香港も深センもかなり変わったことでしょう。

今ニュースを見ると、慌しくも平和だった香港の街が、
えらく物騒になっていて、心苦しい気持ちです。
市民の無事を祈るばかりです。

デジタルとアナログと 【daily】

なかなか暑くならないと思っていたら、
最近ようやく暑くなりました。
もう7月も終わり、早いですね。

最近は、デジタルとアナログのバランス
みたいなことをよく考えます。

メールするか、郵送か、直接会うかなど。
絵を描くことでいうと、デジタルは使うにしても
アナログ感をどう残すかなど。
どちらにしても、うまくデジタルを使いつつ、
アナログの良さも残せたらと思っています。

とはいえ、デジタル化はどんどん進むので、
その時のちょうどいいぐらいが理想です。
まぁ、それが難しいのですが。

まずは、paypay辺りをはじめてみます。

バレル・コレクション/ブーダン(模写) 【exibition】

ザ・ミュージアムのバレル・コレクションを見てきました。

お目当はブーダン。ブータンじゃなくて濁ります。
下図は「トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー」の
一部を模写したもの。

ウジェーヌ・ブーダン(1824~98)
日本でそんなに有名じゃないですが、「空の王者」とも呼ばれる程、
多く作品で空を大きくとった風景を描いてます。

そんなに大きく空を取ると、退屈になりがちな気がしますが、
細かな階調を丁寧に捉えて飽きさせません。
タッチは、滑らかというよりは、ライプ感を残してますが、
それも、雲の動きや空を移ろいを感じさせます。
また、全体的に陽の光を感じる明るさも魅力です。

実物を見ると浜辺を歩く人や奥の群衆まで細かくタッチが入ってます。
自分にはとても模写しきれませんのでかなり省略。

また、タイトルにある「皇后ウジェニー」というのは、
ナポレオン3世の皇后で(多分、日傘の真ん中の人)
美しさを誇った方のようなので、この絵は単なる風景画というよりは、
流行を意識した風俗的な意味もあるのかもしれません。

ブーダンの生きた19世紀後半というのは、
既製のカメラが出回るようになり、絵の具チューブが開発され、
鉄道網の発達で、避暑地へ出かけての戸外制作が可能になった時期です。

印象派に続く時代の大きな変わり目で、
もしかすると、現代の気分と近いものが
あったのかもしれないと思ったりもします。

ちなみに、トゥルーヴィルはサビニヤックでも有名ですね。
いつか行ってみたい。

糖質制限ダイエット 【daily】

梅雨ですね。
去年の夏は、太り過ぎた体重を戻そうと
糖質制限ダイエットしてました。と言っても、
webにあったやり方をそのままやっただけですが。

そもそも、糖質ってケーキとかのことだと思っていて、
ご飯もパンも麺も焼き芋も、自分が好きなもの、
ほとんどが糖質ということ知って驚きました。
それらが好物だったから、太るはずですね。

それで、正月から少し運動しながら、糖質を減らしていってたら、
月1kgぐらい痩せていって、夏までに8kgぐらい痩せました。
それ以降は、効果が出なくなって、今は控え目に糖質も摂ってます。
元の食事に戻したら、10kgぐらいリバウンドするのは確実ですが、
今のところは、なんとか耐えてます。

糖質制限ダイエットは、糖質を摂り過ぎていた自分には
合っていたようで、そこまで苦ではなかったです。
ただ唯一のデメリットは、便秘です。キレイな話じゃないですが、
糖質食べてないとトイレに行っても全然出ないですね。
それが、一番ツラかった。

今は、血圧も高いので塩分控え目にしてますが、
効果が見えにくいので、今ひとつやりがいがないです。

国立西洋美術館とル・コルビュジエ展 【exibition】

先日、西洋美術館でコルビュジエ展を見てきました。

展示は、模型があり写真も撮れたり、コルビュジエが進めていた
ピュリスムについて理解が深まったりとよかったのですが、
気になったのが空間です。

西洋美術館って久しぶりに見ると、
暗いし天井低いし、どこを歩いているか迷うし、
何かコンクリートの石棺の中をぐるぐる回っているようで、
もうひとつ心地よいものではないように感じました。

もともとこの美術館には、これまでに1、2回しか訪れてません。
だからなおさらか、窓も庭園もない空間に窮屈さを感じました。

一番快適だったのが、本館と新館の間の中庭でした。
ただここも、建物から見るだけで基本的に立ち入り禁止です。

何が言いたいと言いますと、作品保護など制約は多いと思いますが、
どうにかもう少し心地よい空間にできないかと言うことです。
まぁ、60年以上前の建物に運用と保存のバランスを取ることは
とても難しいことなんでしょうね。

日本人のコルビュジエ好きは海外でも有名で、
多数の建築物があるフランスより、1つしかない日本で
なぜか人気が高いというような話を聞きます。

昔、ロンシャンの礼拝堂を見に行った際、
受付の女性にどこから来たと聞かれ、日本からと答えると、
「また日本、日本人はコルビュジエ好きね、ほら」と
集計用紙のようなものを見せられたこともあります。

いろいろ書きましたが、
それでも西洋美術館の外観はとてもかっこいいと思います。
コルビュジエ建築の魅力のひとつに、外観の美しさにあるように思います。
白い壁面に厳密に黄金比を運用して構成された窓が並んでいる。しびれます。
またいつかコルビュジエ建築を巡る旅をしたいと願ってます。

めで鯛 【daily】

Blogをさぼっているうちに、令和になりました。
普段、元号って意識すること、それほどありませんでしたが、
さすがに節目として、新しい時代に期待します。
いいことありますように。

イラストレーションファイル2019 【works】

「イラストレーションファイル2019」(玄光社)が発売されました。
私は上巻の446pに掲載されています。
どうぞよろしくお願いいたします。