飲み会の帰り道

先日の飲み会に参加した時のこと。
たまたま僕のとなりに先生が座って、
テーブルをはさんだ向かいの女性と話始めた。

どういったテーマかはさておき、
先生の意見に女性がなかなか納得しないものだから
議論はどんどん白熱していく。

僕はかたわらで「酒の席だし、そろそろ頷いたらどうだろう」
などと気を揉んでいたのだが、女性は思う所もあったのだろう。
なかなか同意に至らない。
結局、そろそろお開きの時間です〜となって話は終わった。

この話にとくにオチはないのだが、帰り道になんとく考えていたのは、
年上の先生方と話したり、飲んだりすることが
自分はまだまだ下手だな、修行が足りないな〜ということだ。
そういえば昔、別のA先生に「梅酒なんか飲んでる奴と飲めるか!」
と叱られたことを思い出した。