森さんの話

昨日は、イラストレーターで版画家の森英二郎さんの
トークライブを聴きに行ってきました。

森さんの木版画は、好きでよく知っています。
しかし、大阪に居た若い頃の作品は、
これまで見る機会がありませんでした。
今回衝撃的だったのは、その大阪時代の作品です。

版画とは違う線画の技法で、絵や文字を緻密に表現してあり、
うまい人は元から、うまいのだな〜と圧倒されました。
あまりの驚きに、隣の子と騒いでいたら、
「そこ、もうちょっと静かにしてください!」と叱られ、
この歳にして、恥ずかしい思いをしたくらいです。

やはり手先が器用というのは、かっこいいですね。
PCの時代になって見る機会も減ってしまいましたが、
僕は不器用だったから、なおさら憧れます。

80年代の制作物から、PCのない時代を意識しながら、
数点、模写してみました。本当に難しかったです。
あと森さんは、オッパイのラインを描くのが
どの娘を見ても、とてもうまいなと思いました。