小林清親展 感想など

予備知識がまったくなかった作家。
木版画に陰影など西洋画の表現をとり入れた「光線画」
と呼ばれる作品群が代表作ということで、
複数の版を重ね、夜の灯りや水の映り込み、炎などが美しく表現されている。
版の使い方などはたいへん参考になる。

生涯作品のうち、僕が興味があったのは、
前半の浮世絵に独自の工夫を加えて光線画を制作していた頃までで、
それ以降、画風を変えて戯画や肉筆画の制作に至る晩年になると、好みではなくなってくる。
(その頃の作品が好きな方も、会場にはたくさんいらっしゃったようだった)

清親が生きたのは、幕末から明治にかけての激動の時代。
なんせお金の単位が変わってしまうのだから、
一生を画家として生き抜いたことは、本当にすごいことだと思う。
広重をリスペクトしていた清親だが、明治の人には意外にも、
広重の浮世絵は、やや古い印象を持たれていたようだ。
そういうこともあって、清親は画風を変えていく。
僕だったら、ずっと広重のスタイルを描いていたかもしれない。

これは、後日談。友人のイラストレーターに
「後半、絵がうまくなり過ぎて、面白味がなくなっていく」みたいな偉そうな感想を述べたら、
「川瀬巴水はうまいけど、清親うまくないよ。人のフォルムなんかぎこちない。だからいい」
というまったく逆の感想。ほんと絵の見方はいろいろありますね。