ガマットマスキング

ガマットマスキングという手法を習って、以前の作品を描き直してみました。
上が書き直したもの、下が以前のものです。

画材や制作サイズは違うのですが、
ポイントは、使う色を制限し調和のとれた配色を目指した点です。

そもそもガマットとは何?という話ですが、これは説明が難しいです。
自分の理解で超簡単に言うと、色域といった感じでしょうか。
その色域にあえてマクス(制限)を加えることで、
調和のとれた配色になるというのがガマットマスキングのようです。

上の絵でいうと、最も鮮やかな部分は赤で、
その他部分は、グリーンを中心に緩やかに制限をかけて制作しています。

あくまで手法の一つで絶対ではないのでしょうが、
自分は派手な色が好きで、それらを使い過ぎると
纏まりに欠けた表現になりがちなので、これからも応用してみたいと思います。