ふたりのイームズ

映画『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』を見てきました。
当時イームズと一緒に働いていた人や関係者のインタビューとともに、
制作過程など内容は盛りだくさんです。

3年くらい前ですが、イームズハウスを見に行きました。
ささやかな自慢ですが、もしかしてこれから訪れる方のために書くと、
イームズハウスはサンタモニカからほど近い高台にあります。
見学は外観のみで、予約が必要です。Eames Foundation

場所は、通りに面しておらず、高級住宅地の奥で分かりづらいです。
日本と事情が違うので、勝手に私有地を
ウロウロしてると大変なことになるかと思います。

僕も案の定、迷いました。
なにしろプールのあるような邸宅ばかりで人もまばらです。

ようやくガレージにいた若者を捕まえて
「イムーズハウスに行きたいんだけど…」って聞いたら、
驚いたことに、彼はイムーズハウスを知らなかったという…。
でも、謎のアジア人の英語を一生懸命聞いてくれて、
おかげで見学時間ぎりぎりの4時前にようやくたどり着けました。

今は、GPSもあるので大丈夫かもしれませんが、
思っているよりもずっと広い敷地に建っています。

スタジオだったの901の建物の前も通りました。
イームズハウスから、車で30分くらいでしょうか。
ヴェニスビーチからの風も心地よいアボットキニーという、
これまたお洒落エリアにあります。
チャールズは仕事の出来る男前だし、さぞかしモテたことでしょう。(笑)

家具以外にもたくさんの仕事を残しているイームズ夫妻ですが、
仕事が遊びという感じで、本当に仕事を愛していたんだな〜
ということがよく分かる映画でした。