一つ一つをやってたら 【daily】

街を歩けば、そろそろ師走の慌ただしさを感じます。
今年も早かったですね。

なんだか、やりたいと思ってたことを一つ一つをやってたら、
振り返るとそんなに進んでなかった。そんな感じの一年でした。
情報が多いからか、あれもこれもと
ついつい欲張りになってしまうのですかね。

来年は、もっと集中した一年にしたいと思います。

ビットコインとコーヒー 【daily】

先日、友人とお茶を飲んでいたら、
ビットコインを勧められた。

「10倍だよ、10倍!」
なんとも夢のある話だ。
お金もないのに、そんなことを考えていたら、
次の日、早速大きなニュースになっていた。

お金がダブついてるなんて話も聞くし、
国境を超えたキャッシュレス社会が
そこまで来ているのかもしれない。

今週は、展示を二つ見て、
帰りにブルーボトルコーヒーに行った。

ここは、おしゃれな雰囲気で、
ビットコインの話をしてる人はいない。
あっさり目で飲みやすい。
広いカウンターでオーダーごとにドリップしてるのは、
なかなか絵になる。

コーヒーを飲みながら、
これから絵を描くべきか、ビットコインをやるべきか、
はたまた両方やるべきかを考えてみた。

岸田劉生と、ゆにばーすのはらちゃん 【daily】

ふと麗子像のことを思い出して、ググったら、
ゆにばーすのはらちゃん出てきた。確かに似てる。
(今度M-1に出る吉本の芸人さんです)

麗子像って、娘さんをすごく丁寧に緻密に描いてあるんだけど、
仕上がりは可愛さや美しさを超えて、やや不気味ですらある。
そして、本人にもそれ程似ていない。
ただ、見た人に強烈なインパクトを残す作品だ。

果たしてこの魅力って、なんなんだろう。
自分は、こういう絵を目指している訳ではないのだが、
なぜか気になって見直してみた。しかし、まだよく分からない。
つくづく絵というのは、いろんなタイプの魅力があるように思う。

ちなみに、岸田劉生は38歳、岸田麗子は48歳で亡くなっている。

景気よく 【daily】

景気拡大が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えて、
戦後2番目の長さになったそうです。通りで、僕の周りでも
ウハウハ言ってる人が多い……ってことは全然ないですね。

浮かれてる人もあまり見ませんが、一体どんな人が稼いでいるんでしょう。
やっぱり賢い人はタックス・ヘイヴンかなんかへ避難させてるんですかね。
ここはひとつみんなの為に、ドーンと使ってみてはどうでしょう。
なんて願うこの頃です。

選挙も終わって 【daily】

選挙も終わって、木枯らし吹いて、あっという間に11月。
もう年賀状も発売ですって、早いですね。

それほど忙しくしてる訳でもないけれど、
なんだか慌ただしさを感じるこの頃です。

会社員やってる頃、昼食を急かされるの嫌で嫌で。
あれ上司と同じものを頼まないと、
自分だけ遅く来た時、えらい目に合うんですよね。

今でこそ、これから営業に出かけるという時に、
部下がゆったり飯食ってたら、
イラっとする気持ちも分からなくもないですが、
たまにはゆっくり食事を楽しむ贅沢も良いかと。

残りの2か月、意識して、
いい時間が過ごせるよう工夫してみようと思います。

フランスパンはカットしてもらうべきか 【daily】

フランスパンって、買うときにカットしてもらってますか?
以前は、フランスの人は、そのまま買って帰ってるみたいだから、
カットしてもらうなんて邪道。それに店も迷惑。
と思っていたのだか、ある時、カットして帰ったらとても楽だった。
手間がかからないし、なによりパンくずが部屋に落ちない。

それで、混んでる時は別として、基本的にカットしてもらっているのだが、
行きつけの店の内、ある店員さんの時だけ、相性が悪くて、いつもイラつく。
持ってるトングで指し示しながら「厚目で斜めに」とお願いしているのだが、
「厚さは何センチですか?」とか「角度どのくらいですか?」と細かい。

そのくせ見てるとすごい斜めに切ってるから、
「もう少しまっすぐめに15度くらい」とか言わないといけない。

自分の言い方が悪いのかな、家にパン切り包丁あるんだから、
自分で切った方かいいのかなとか、
いつも軽くもやっとしながら家に帰ることになる。

イラストレーションの聖地 Sanctuary of Illustration 【daily】

TDC年鑑に、あなたの “Sanctuary of Typography” はどこですか?
っていう編集ページがあるみたいで、とても面白そうなので、
これをイラストレーションでやってみたい思います。

僕にとってのイラストレーションの聖地は、
今は無き大分パルコのパルコブックセンターです。

今はネットがあるから、
東京も地方も変わらない部分も多いと思いますが、
僕が高校生の頃は、東京との間にとても情報格差を感じてました。

そんな中、学校帰りにパルコブックセンターに寄って
雑誌や画集を見たりするのが、唯一の情報収集でした。
そこで初めて、イラストレーターの仕事を見て
熱を上げていたのを今も覚えています。

最近は、スマホがメディアの中心になり、
地方の本屋も減少しているので、
状況はまったく変わっているかもしれません。

しかし、便利さや経済効率だけではなく、
ともすれば退屈な生活に、光が差すような文化的魅力のある場所に、
どの街もなって欲しい!そう願ってやみません。
(最後、なぜか選挙演説風になってしまいました)

時空の歪み 【daily】

そろそろ部屋着もハーフパンツにTシャツという格好から、
パンツに長袖という秋バージョンに変える時期になりました。
いい加減、扇風機もしまいたいと思います。

先日、買い物してると、3歳くらいの可愛い女の子が
満面の笑みで駆け寄ってきた。
どうして?と思って、傍にいた美人のお母さんを見ると、
お母さんもにこやかに微笑んでいる。

もう、これは受け止めた方が良いだろうと思った矢先、
女の子は、横をすり抜け、少し後ろにいたお父さんに抱きついた。
危なかった。でも、同じ様なグレーのパーカーを着てたから、
最初は、間違えていたんじゃないかなとも思う。

それにしても、一瞬、もうこの家族で生きていくのかなと思わせる
変な時空の歪みを感じた。

梨が来た。 【daily】

梨を送っていただいた。ありがとうございました。
もともと果物は大好物だけど、
今は糖質制限してるから尚更うれしい。

今年に入ってから、甘い物を一切買っていない。
前はよく、どら焼きだのシュークリームなど
買って食べていたのに、今はじっと我慢の日々だ。

よそで出された時は、有難くいただいているし、
果物と焼き芋は別というマイルールもあるので、
ダイエットの効果は、ほとんど出ていない。

しかし、好きなだけ好きなもの食べてたら、
10kgぐらいすぐ太りそうだから、
現状維持でも成果なのかもしれない。

試しに、最初の1ヶ月すべての糖質を絶ってみたら、
ストレスがものすごくて続けることができなかった。
自分にとっては、煙草をやめるより難しい。

涼しくなった秋の風を感じながら、
大ぶりの梨を頬張っているとき、確かな幸せを感じる。

お展、無事終了しました。ありがとうごさいました。 【exibition】

今回のグループ展メンバー1/3のぐらいは、知り合って20年くらいの友人なんです。
20年というと長い気がしますが、あっと言う間という感覚もあって不思議です。

僕自身についても、20年も続けていたら、
もっと上達していてもいいような、がっかりする気持ちもあります。
でも、始めの下手さ加減を思い起こせば、マシになったような気もして複雑です。

一方で、仕事でも趣味でも20年も同じことを続けたことはないので、
絵を描くのは好きなんだなと、あらためて思ったりもします。

今回の展示では、遊び作品として
「今日のオレンジさん占い」という占いようなものを置いてみました。
紙の束から1枚引いて占うというシンプルな遊びなのですが、
あまり大吉みたいものばかりでも面白くないと思って、
僕の体験でもある「有名ADに下手と言われて落ち込む」というのを入れたんです。

そしたら、その札を引いた方が結構落ち込んでいたという話を、
展示が終わってギャラリーの方が教えてくださって…。
なんだかちょっと申し訳ない気持ちになりました。

そもそも何が下手かという、定義も人によってまちまちですし、
みんなが上手と言うような絵が、いい絵かというと違う気がします。
上手だけど、自分が好きじゃないものを描くというのも、
また辛いことだと思います。

これからも、絵を描いていれば、
必ずネガティブな評価に出くわすことがあると思います。
その時は、軽く捉えて、次の作品に集中すると決めてます。

落ち込むといえば落ち込むだけど、
絵を描いていれば必ずある、あるあるとも言えるので、
笑ってもらえればありがたいです。

お越しいただいた皆さまありがとうごさいました。