人はなぜ写真を撮るのか

またに一眼レフとか持って歩くとカメラマンに間違われます。
写真のことそんなに詳しくないのに。

写真がいいのは、レンズを通して見ると
印象と違うものが取れてたりするところです。
なんとなく撮った写真に、きれいな光が入ってたりすると
すごく写真がうまくなったような気がしてきます。

ただ、おおよそはいつか絵の資料になればと思って
撮っているので、そんなにいい写真は要りません。
ちょっとボケてるくらいの方が省略が効いて、
いい資料になったりします、

人はなぜ写真を撮るのか。
どこか自分自身にあるいは誰かの記憶に残したいと
思って撮っているのではないでしょうか。
これは、手法は違えども、絵を描く気持ちと同じだなと感じます。

絵なんか描いてどうなるの?
全然仕事になってない頃は、よく聞かれたものですが、
描くことが楽しいのだから、いいじゃんとしか答えようがないですよね。
写真も撮ってどうなる訳でもないけど、楽しいから撮ってる。
それでいいのだと思います。

ただまあ、仕事になると締め切りやテーマが決まってくるから
微妙に違ったりするですが…。
そこを楽しく軽やかにできるようにと、いつも自分に諭してます。